- 会報159号 -
頑張り号
会報160号(次号)の原稿締切りは、12月5日(水)です。
   投稿される方へ   
1.原稿書き方
  ◇ワープロ、パソコンの場合
     印刷原稿と、CDまたはメールでお送りください。
     原稿の中に写真等を掲載される方は、文章データと写真データを別々にお送りください。
      ※ 本文に使用される英数字は、半角での入力をお願い致します。
  ◇手書き原稿の場合
     当会専用の原稿用紙がございますので、必要な方はお申し出ください。

2.文字数厳守願います。)
  ◇読者のページ 1,500字以内
  ◇連合支部・支部だより 400字以内  クラス会・諸会合 300字以内
  ◇写真は1点でお願いします。
    ・写真はお返しいたします。
     編集委員会で原稿に手を入れさせていただく場合がありますが、御了承下さい。
  ◇会報に関するご意見・ご感想をお寄せください。お待ちしております。

【送付先】
〒376-8515 桐生市天神町1-5-1 群馬大学工学部内 群馬大学工業会事務局
      TEL 0277-22-7000 FAX O277-22-7020
      E-mail: kogyo-jm@k1.wind.ne.jp (会報専用メール)

原稿用紙ダウンロード(ワードファイル)

 1.連合支部・支部だより用原稿用紙  24字×17行   400字
 2.クラス会・諸会合用原稿用紙     24字×12.5行  300字
 3.読者のページ用原稿用紙        25字×30行  1500字

会報160号(次号)の原稿締め切りは、12月5日(火)です。

限られた紙面になるべく多くの方々の原稿を載せたいと思いますので、ご協力をよろしくお願いいたします。ご不明な点やお問い合わせは事務局までお願いいたします。



 


平成30年9月
通巻159号表紙

【表紙写真】
表紙写真提供:
伊藤 和男(修51L)
平成30年9月 通巻159号
群馬大学工業会報  目次

新装なった工学部同窓記念会館(カラー写真)

【内容抜粋】

巻頭言
 理工学部ご支援の御礼
     理工学府長   関 庸一

平成30年度 一般社団法人群馬大学工業会定時社員総会 報告

【特集】 新装なった工学部同窓記念会館
◇ 一般公開に向けた館内の整備
    会報編集委員長 飛田 成史 修55P
◇ 同窓記念会館の耐震改修と貴重な洋風学校建築
    会報編集委員 伊藤 和男 修51L
◇ 記念会館染料資料室の運営について
    会報編集委員 太田 悦郎 28D

社会で活躍する卒業生
母校で学ぶ皆さんへ
    電気通信大学大学院 准教授 瀧 真清 博HlOB

卒業生の就職・進学状況(平成26年~平成30年)

工業会の動き-事業のあれこれ-
  平成30年度企業合同説明会とプレミアム企業について
     就職支援室長 彦部 篤夫 修 49M

「先輩は語る」講演会
    講師 オプトウエア㈱ 代表取締役 菊地弘 氏 55E

平成30年「工業会奨励賞」授与・「代表幹事」委嘱
    「工業会表彰」表彰式
風ぐるま-連合支部・支部だより-
連合支部だより
 ・4支部持ち回り、今年は宇都宮で(栃木県)・32歳から94歳まで多彩で元気いっぱい(東京)

支部だより
 ・講演と歌声で盛り上り(大阪神戸)
 ・仁徳天皇陵と堺の歴史を訪ねて(大阪神戸)
 ・今年も小木津先生「自動運転」講演会(厚木)
 ・佳話2題、人工心臓と植樹と(日立)
 ・琵琶湖で先輩と語らい(京滋)
 ・支部活動とコルフ倶楽部のこの1年(桐生)
 ・加齢なんぞ恐れるな!(干葉県)
 ・支部創設12周年(奈良)
 ・千曲市にてイベントを開催(長野)
 ・板橋節「大学発ベンチャー」で盛上る(横浜卜明るい未来に向けた講演会(高崎)
 ・ハッ場ダム工事現場見学バスツアー(高崎・前橋合同)
 ・2年連続で小木津先生の講演を楽しむ総会(川越)

学内の動き
-研究室の今-
分子科学部門 化学と生物学の融合を目指して
          教授 篠塚 和夫
知能機械創製部門“材料力学”に軸足を置きつつ、新たな研究展開を目指す!
          教授 松原 雅昭 修57M
環境創生部門 食品・プラズマ研究室
          教授 大嶋 孝之
電子情報部門 放射光施設に通う
          教授 横井 浩博H5E
理工学基盤部門 分子間力に現れる量子効果の解明を目指して
          教授 住吉 書英
太田キャンパス活性化あれこれ
         評議員・産学連携推進部門長 知能機械創製部門          教授 石間 経章

教員・学生表彰
新任の挨拶
群桐祭のご案内

読者のページ
   東京高等蚕糸学校と渋沢栄一 金子 祐正 30C
   仙ノ倉山荘ものがたり⑲ ~豊かな自然~ 平澤 英昭 29C
   私の変わった職歴 太田 昇作 50TM

追悼
群馬大学名誉教授 鵜飼惠三先生のご逝去を悼んで
   環境創生部門 教授 若井 明彦 博H9S
仲道弘・丹羽一二君を偲ぶ
旅行作家 山本鉱太郎28C

いとぐるま

クラス会
 ・伊香保温泉で第3回クラス会(48M)
 ・筑波山にて第6回クラス会(43E)
 ・珊瑚会「横浜・みなとみらい」(35M)
 ・話題がエネルギー論で沸騰(40K)
 ・ミナヨシ会を東京で(38M)・第7回目のクラス会(44M〕
 ・秘湯「宝川温泉」でクラス会(49P)
 ・新緑薫る箱根路に集う(37W)・創造展鑑賞会(34M)
 ・初耳のエピソードを肴に(35CD)・同窓会 in 桐生(40M)

諸会合
 ・飛鳥の遺跡散策(桐友会)
 ・第20回蕎麦打ち大会(ワンダーフォーゲル部OB会)
 ・志士の会春の陣
 ・観桜野田の集い盛会(観桜歴史散歩の会)
 ・第19回よそみ会コルブコンペ

平成30年度 定時社員総会資料編

工業会ノート
  業務日誌(抄)
  年金会費・年維持会費納入者一覧 会員計報 編集委員の窓
 ・新装なった工学部同窓記念会館
 ・桐生八木節まつり「ブルーインパルス」展示飛行に寄せて
 ・投稿される方へ

 表紙写真・文:伊藤 和男(修51L)

等々

お知らせとお願い
工業会事務局
 市町村合併などで、今迄と住所表示が変更になった(これから変更になる)会員の皆様には多数おられる筈です。該当する方々は、今後、会報がお手元に到着した際には封筒内の「会員情報確認用紙」に変更事項を記入の上、必ず事務局に報告して頂くようお願いいたします。
 旧住所での運用期間は1年~1.5年とも言われています。変更の連絡を忘れると、それ以降は、会報が宛先不明で事務局へ戻ってしまう場合が十分に考えられます。
 それを防止するために、上記の手続きを必ず励行して頂くようお願いいたします。
【忘れていませんか!!】
「そういえば、ここのところ会報が来ていないな?」とお気づきの卒業生の方、いませんか?
 それは、工業会に住所変更届を出し忘れているか、会費が切れているかもしれません。
 工業会費は、「年会費 3,000円」、「10年会費 15,000円」、「終身会費 30,000円」、「特別措置学生10年会費 15,000円」及び「会費納入者 年維持会費1,000円」などに分かれています。「会費(除く:年維持会費のみ納入の方)」を納めていて、住所が工業会で分かっている会員の方には、全国各地、外国まで会報をお届けしています。
 会報が届いていない方は、事務局までお問い合わせ下さい。是非群馬大学工業会報をご覧ください。

【お願い】
 支部総会、クラス会、諸会合、集い、その他の開催を計画されている各支部長、幹事、責任者、発起人の方々にお願い致します。
 工業会報前号より上記会合の予告コーナーを新設しています。そこで広く参加者の呼びかけを行っていただくようにしますので、ぜひ開催前に余l告示時のご寄稿をお願いいたします。
 予告記事の会報への掲載は下記の通りにとなります。
会合等開催月:  4、5、6、7、8、9月・・・・・・・・・会報3月号に掲載
             10、11、12、1、2、3月・・・・・会報9月号に掲載

 なお、各種の会合開催後には、ぜひ経過や結果についての記事を工業会事務局宛にご寄稿お願いいたします。
(会報編集委員会)


会員名簿精度向上の要はクラス会です!!
開催したら是非工業会本部へご一報ください。(ハガキ・TEL・メール・会報記事で)

情報・データ送付先 情報・データ送付先